予備校に通って医学部に無事合格

予備校を変えて新鮮な気持ちになった

医学部受験に2度失敗しました予備校を変えて新鮮な気持ちになった医学部に無事に合格出来ました

そこで今まで通っていた学校に通うのは止めて、カウンセリングを行ってくれる学校に通う事にしました。
予備校を変えると今まではとは違った講師陣が授業を行う、これは当たり前の事ではありますが、とても新鮮な気持ちになった事を今でもしっかりと覚えています。
高校や中学に通っている時、学年が一つ上がるとクラス替えが行われる、周りにいる友達の顔ぶれもがらりと変わりますし、担任の先生も変わるなど新鮮な状況が予備校の中でも起きたわけです。
今までは、毎年同じ講師の授業を受けていましたし、医学部に通う人の多くは何度もチャレンジしているなどからも比較的授業に出て来るのは同じような顔ぶれでした。
新鮮な気持ちで受験勉強が出来るのも良いものだと感じたわけです。
勉強の教え方は特別上手と言う事はないのですが、自分が知らない事を色々と教えてくれる、ためになる授業が特徴です。
雑談が特別多いと言う事ではなく、先生が話す言葉に自然と耳を傾けてしまう、今までは違った授業のやり方のようにも感じたのです。
前に通っていた予備校では方程式についての説明が中心、余談などは一切ありませんでした。

医学部 予備校 / 医学部予備校マニュアル